20年以上WEB集客をしてきた建築士・施工管理技士が貴社ホームページをプロデュースします

建築ホームページで一番大切なこと

  • HOME »
  • 建築ホームページで一番大切なこと

まず、ホームページを作る目的をはっきりさせること

建築webサイト受注センター貴社はホームページを作ることによって、どのような結果をお望みですか?

  • もし、貴社のサービスをより大勢の人に知ってもらいたいとお思いなら、多くの人が気軽に訪問してくれるホームページにする必要があります。
  • もし、ホームページからの問い合わせを増やしたいとお思いなら、お客様が問い合わせしやすいホームページにする必要があります。
  • 貴社のサービスに興味をもったお客様に、さらに多くのサービス情報を知っていただくために使いたいなら、お客様にとってサービス内容がわかりやすく、迷うことのないホームページにする必要があります。

つまり、ホームページで最初に考えなければいけないのは、どのような目的・意図をもって作成するのかということです。

ホームページを見に来るお客様は誰かを常に意識すること

次に考えなければいけないことは、貴社のホームページを見るのは誰なのか、つまり対象者を意識して作成することです。

特に、建築という専門分野では、全く門外漢の素人のお客様が見るのか、ある程度建築に関して精通している方がホームページを見るのかによって、表現方法が全く異なってきます。

素人のお客様にいきなり専門用語で説明してしまっては、お客様には理解できません。
一方、同業者ないしある程度建築に関して理解のあるお客様が見る場合は、専門用語を使って説明しないとかえって相手にとってはわかりづらくなってしまいます。 このように、建築ホームページならではの注意点があります。

一般社団法人建築図面受注センターは数多くのコンサルティング経験がありますので、貴社のホームページをご希望の結果に繋げる方法をお伝えできます。

貴社の「ウリ」は何ですか?

建築webサイト受注センターホームページを作る目的についていくつか例を挙げましたが、全てのホームページに共通する大切なことがあります。

それは、ホームページで貴社の「ウリ」をはっきりと打ち出すということです。

貴社の他社とは違う「ウリ」とは何でしょうか?
ホームページのコンサルティングをしている中で、このウリが分からないという方が実はきわめて多いのです。

みなさん、難しく考えすぎているのかもしれませんね。

わかりやすくするために、ラーメン屋さんに置き換えてみましょう。

自分の店のラーメンの味が他店のラーメンとどこが違ってどこがウリなのかがわからないというお店ってあると思いますか?

ないですよね。

そんなこだわりのない店ではお客さんは呼び込めません。

なんとなく、貴社の「ウリ」は見えてきましたか?

このウリを考えることこそが、結果の出るホームページづくりの第一歩です。

ホームページを開設することよりも運営が大事

建築webサイト受注センターインターネットでの事業展開では、ホームページ運営の良し悪しが成功の鍵を握っています。
ホームページを企画・制作しても、最初から成功することはありえません。
というのは、ホームページは開設すれば終わりではなく、お客様に継続して来ていただく必要があるからです。
ホームページを開設すれば、何もしなくてもお客様がやってくるかというと決してそんなことはありません。

ホームページを開設したら、そのホームページに対してユーザーがどのような動きをするのかを見る必要があります。
具体的には、定期的に検索エンジンの検索結果、ホームページの閲覧層、検索キーワードなど取得可能なデータを分析し、ホームページの方向性を確認します。
思ったとおりの効果が得られなければ逐一軌道修正し、良い方向に動いていればさらにその方向性で伸ばしていくという作業が必要です。このような不断の努力なしでは成功はありえないのです。

関連サイト

すまいの匠相談室
建築図面受注センター
建築図面トレースセンター
建設業ビジョナリー経営コンサルティング
日本建築サーチ

助成金受給診断


経営課題解決診断フォーム
PAGETOP
Copyright © 建築WEBサイト受注センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.